この記事のポイント

  • 電子ピアノ買取業者を選ぶ際に重視すべき点は「豊富な電子ピアノの買取実績があるか」「電子ピアノの買取市場に精通しているスタッフが在籍しているか」「出張料や査定料が無料か」である
  • 加えて「売りたい電子ピアノに適した買取方法があるか」「口コミ・評判が良い買取業者か」も重要
  • 上記を踏まえると「ピアノの買取屋さん」がおすすめ
  • ピアノの買取屋さんは、電子ピアノの買取実績が豊富にあり、安心感を持って買取を依頼しやすい
  • 電子ピアノに詳しい査定士が在籍しており、出張料や査定料などの手数料が無料で利用できる
  • 地域によっては申し込んでから最短30分で出張対応してもらえる場合がある

記事の要約を解説した画像

ピアノ全般のおすすめ買取業者に関して詳しく知りたい方は「ピアノ買取おすすめ業者」もご覧ください。

【口コミ評判】中古電子ピアノの人気買取業者おすすめ8選!売るならどこがいい?

ピアノの買取屋さん

ピアノの買取屋さん

出典:ピアノの買取屋さん

ピアノ買取屋さんを利用するメリットとおすすめの人を解説した画像

ピアノの買取屋さんとは

ピアノの買取屋さんは、電子ピアノを含めたピアノ全般の買取を得意としている買取業者です。

古い電子ピアノや壊れた電子ピアノにも対応しているため、ほかの買取業者で断られてしまった電子ピアノでも買取してもらえる場合があります。

ピアノの買取屋さんの基本情報
買取対象 電子ピアノ/グランドピアノ/アップライトピアノ/ など
買取方法 出張買取
申込方法 電話/Web
事前査定 あり
即日対応 あり
出張料 なし
出張買取対応エリア 東京/神奈川/千葉/埼玉/群馬/栃木/茨城/静岡/山梨/長野/大阪/兵庫/京都/奈良/和歌山/滋賀/愛知/三重/岐阜/富山/石川/福井/広島/岡山/香川/愛媛/徳島/高知/福岡/熊本/大分/佐賀/長崎
買取許可 第451410008383号

おすすめの人

ピアノの買取屋さんがおすすめの人

  • 電子ピアノを高価買取してほしい人
  • 買取実績が豊富な買取業者に依頼したい人
  • 自身で電子ピアノを運ぶことを煩わしく感じる人人

ピアノの買取屋さんで電子ピアノを売るメリット

ピアノの買取屋さんは国内外に幅広い販売経路を持っており、在庫リスクを抑えられるため、電子ピアノの高価買取を実現しています。

出張料や基本の搬出料が無料で、地域によっては最短30分で自宅まで買取に来てもらえます。

累計の楽器買取の実績が10万件以上(※)と豊富な買取実績を誇るため、安心感を持って利用しやすいです。

(※公式サイトに記載)

ピアノの買取屋さんで電子ピアノを売るデメリット

・出張買取に対応していない地域がある


買取王子

買取王子

出典:買取王子

買取王子を利用するメリットとおすすめの人を解説した画像

買取王子とは

買取王子は、電子ピアノを含めた幅広い種類の商品に対応した買取業者です。

2021年1月~2021年12月の買取の成約率は94.2%(※)と高いことから、安心感を持って利用しやすい買取業者であると言えます。

(※公式サイトに記載)

買取王子の基本情報
買取対象 グランドピアノ/アップライトピアノ/楽器全般
買取方法 宅配買取/出張買取
申込方法 Web/電話/LINE
事前査定 なし
即日対応 なし
出張料 なし
出張買取対応エリア 全国
買取許可 第542520A52400号

おすすめの人

買取王子がおすすめの人

  • 電子ピアノに詳しい査定士に買取を依頼したい人
  • 電子ピアノ以外のアイテムもまとめて売りたい人
  • 小型の電子ピアノを売却したい人

まとめ売りで買取額が最大6万円までアップ!


買取王子で電子ピアノを売るメリット

買取王子は電子ピアノに精通したプロの査定士が在籍しているため、電子ピアノの価値を正確に把握し、適切な査定額を提示してもらいやすいです。

電子ピアノ以外にも幅広いアイテムの買取を行っているため、ほかの不要な楽器もまとめて買取してもらえる場合があります。

電子ピアノを売る際は、主に宅配買取で依頼することが多いため、自宅から出ることなく買取を完了できる点も嬉しいポイントです。

買取王子で電子ピアノを売るデメリット

発送できないサイズの電子ピアノは、買取してもらえない可能性がある

まとめ売りで買取額が最大6万円までアップ!


楽器高く売れるドットコム

楽器高く売れるドットコムとは

楽器高く売れるドットコムは、電子ピアノをはじめとした幅広い楽器の買取を行う買取業者です。

東証プライム上場の企業が運営をしていることから、サービスの信頼性は高いと言えます。

楽器高く売れるドットコムの基本情報
買取対象 電子ピアノ/エレクトリックピアノ/グランドピアノ など
買取方法 出張買取/宅配買取/店舗持ち込み
申込方法 WEB/電話
事前査定 あり
即日対応 あり
出張料 なし
出張買取対応エリア 東北/関東/中部/近畿/中国/九州地方
買取許可 第307730608365号

おすすめの人

楽器高く売れるドットコムがおすすめの人

  • 事前に売りたい電子ピアノの価格を把握したい人

楽器高く売れるドットコムで電子ピアノを売るメリット

楽器高く売れるドットコムでは、電話やWebから問い合わせるだけで、売りたい電子ピアノの大まかな査定額を教えてもらうことが可能です。

事前に大まかな買取金額を把握した上で買取依頼できるため、安心感を持って利用しやすいでしょう。

楽器高く売れるドットコムで電子ピアノを売るデメリット

・使用できないほど故障している電子ピアノは買取できない場合がある


島村楽器

島村楽器とは

島村楽器は、電子ピアノの買取・販売だけでなく、音楽教室や楽器の修理サービスなども展開している業者です。

電子ピアノの買取や下取りに加え、委託販売も行っています。

島村楽器の基本情報
買取対象 電子ピアノ/グランドピアノ/アップライトピアノ など
買取方法 出張買取/宅配買取/店舗持ち込み/委託販売
申込方法 Web/LINE
事前査定 あり
即日対応 あり
出張料 なし
出張買取対応エリア 東京都/千葉県/埼玉県/神奈川県/茨城県/栃木県/群馬県/新潟県/長野県
買取許可 第307779503948号

おすすめの人

島村楽器がおすすめの人

  • 電子ピアノの買い替えを検討している人

島村楽器公式サイトはこちら

島村楽器で電子ピアノを売るメリット

島村楽器では、買取だけでなく電子ピアノの下取りサービスを提供しています。

下取りの場合は査定金額が10%アップするため、通常よりもお得に電子ピアノを売却できる場合があります。

島村楽器で電子ピアノを売るデメリット

・出張買取の対象エリアに制限がある

島村楽器公式サイトはこちら

楽器買取アローズ

楽器買取アローズとは

楽器買取アローズは、電子ピアノを含めた楽器全般の買取を行う買取業者です。

宅配買取に特化しており、日本全国の幅広い地域から買取を申し込めます。

楽器買取アローズの基本情報
買取対象 電子ピアノ/アップライトピアノ/グランドピアノ など
買取方法 宅配買取
申込方法 Web/電話
事前査定 なし
即日対応 あり
出張料 ---
出張買取対応エリア ---
買取許可 第631531400002号

おすすめの人

楽器買取アローズがおすすめの人

  • 小型の電子ピアノの売却を検討している人

楽器買取アローズ公式サイトはこちら

楽器買取アローズで電子ピアノを売るメリット

楽器買取アローズは、最短当日に売りたい電子ピアノを集荷してもらえます。

できるだけ早く電子ピアノを現金化したい人には、おすすめの買取サービスです。

楽器買取アローズで電子ピアノを売るデメリット

・利用できる買取方法は宅配買取のみ

楽器買取アローズ公式サイトはこちら

買取マクサス

買取マクサスとは

買取マクサスは、電子ピアノ以外にも家電や家具、ブランド品などにも対応している買取業者です。

主に東京・神奈川・埼玉・千葉を中心に買取を行っています。

買取マクサスの基本情報
買取対象 電子ピアノ/アップライトピアノ/グランドピアノ/楽器全般
買取方法 出張買取/宅配買取/店舗持ち込み
申込方法 電話/LINE
事前査定 あり
即日対応 あり
出張料 なし
出張買取対応エリア 東京/神奈川/埼玉/千葉/その他
買取許可 第302151307220号

おすすめの人

買取マクサスがおすすめの人

  • 自宅にいながら正確な査定額を把握したい人

買取マクサス公式サイトはこちら

買取マクサスで電子ピアノを売るメリット

買取マクサスでは、ビデオチャットを使って売りたい電子ピアノの査定をしてもらうことが可能です。

自宅から電子ピアノを持ち運ぶことなく査定額を提示してもらえるため、買取依頼をする前になるべく正確な査定額を把握しておきたい人に適したサービスと言えます。

買取マクサスで電子ピアノを売るデメリット

・主な買取地域が関東圏に集中している

買取マクサス公式サイトはこちら

ピアノワン

ピアノワンとは

ピアノワンは、電子ピアノやグランドピアノなど、ピアノの買取に特化した買取業者です。

LINEやWeb上で手軽に査定を申し込めるため、忙しい人でもスキマ時間で手軽に買取を依頼できます。

ピアノワンの基本情報
買取対象 電子ピアノ/アップライトピアノ/グランドピアノ など
買取方法 出張買取
申込方法 Web/電話/LINE
事前査定 あり
即日対応 なし
出張料 なし
出張買取対応エリア 全国
買取許可 第62227R046045号

おすすめの人

ピアノワンがおすすめの人

  • 壊れた電子ピアノの買取を依頼したい人

ピアノワン公式サイトはこちら

ピアノワンで電子ピアノを売るメリット

ピアノワンでは、キズ・汚れのある電子ピアノや故障している電子ピアノでも買取してもらえる場合があります。

他社で買取を断られた電子ピアノでも売却できる場合があるため、壊れた電子ピアノの買取を検討している方は一度気軽に相談してみることをおすすめします。

ピアノワンで電子ピアノを売るデメリット

・15年以上前の電子ピアノは買取不可となる場合がある

ピアノワン公式サイトはこちら

富士楽器

富士楽器とは

富士楽器は、電子ピアノを含めた中古ピアノ全般の買取・販売を行う業者です。

創業から35年(※)もの歴史を持つ老舗企業であるため、安心感を持って利用しやすいと言えます。

(※公式サイトに記載)

富士楽器の基本情報
買取対象 電子ピアノ/グランドピアノ/アップライトピアノ など
買取方法 出張買取
申込方法 Web/電話
事前査定 あり
即日対応 なし
出張料 なし
出張買取対応エリア 東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県/栃木県/茨城県/群馬県/岐阜県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/奈良県/大阪府/和歌山県/兵庫県
買取許可 第305579702010号

おすすめの人

富士楽器がおすすめの人

  • 関東圏・関西圏で電子ピアノの買取検討している人

富士楽器公式サイトはこちら

富士楽器で電子ピアノを売るメリット

富士楽器は、Webや電話で事前査定を丁寧に行っているため、売りたい電子ピアノの状態を踏まえた適切な査定額を提示してもらえます。

査定額を提示した後の減額は行わないため、安心感を持って利用しやすいです。

富士楽器で電子ピアノを売るデメリット

・対応エリアが関東圏・関西圏・中部2県に限られる

富士楽器公式サイトはこちら

【2024年】電子ピアノはどのくらいの値段で売れる?買取価格例を紹介

電子ピアノがいくらで売れるかに関して、ピアノワンで紹介されている買取実績(買取参考価格)をもとに見ていきます。

アイテム名 金額(税込)
ヤマハ電子ピアノ(ハイブリッドピアノ) NU1X 60,000円
ローランド LX706DR 45,000円
カワイ電子ピアノ CA48R 8,000円

出典:ピアノワン

※2024年4月10日執筆時点

【目的別】電子ピアノ買取のおすすめサービス比較一覧

電子ピアノを少しでも高く売りたいなら

サービス名 電子ピアノの高価買取のキャンペーン 電子ピアノの専門査定員の在籍 買取手数料の有無
ピアノの買取屋さん あり あり なし
楽器高く売れるドットコム なし あり なし
ピアノワン なし あり なし

電子ピアノを高く売ることを重視する人におすすめの買取サービスをまとめました。

そして、上記の中でもおすすめなのは、ピアノの買取屋さんとなっています。

ピアノの買取屋さんには高価買取の観点から以下のようなメリットがあります。

ピアノの買取屋さんを利用するメリット

  • 電子ピアノに詳しい専門査定員が在籍しているため、電子ピアノの価値を見落としにくく、高価買取が期待できる
  • 国内外に幅広い販路を持っており、在庫リスクを抑えられる分高価買取を実現しやすい
  • 査定料や出張料、搬出料などの手数料がかからない

上記のメリットがあることで、電子ピアノをお得に処分しやすくなるでしょう。

買取業者のキャンペーンを活用することで、市場価格よりも高い値段で電子ピアノを売却できることがあります


余計な手間と費用を抑えて買取手続きを進めたいなら

サービス名 出張買取サービスの有無 宅配買取サービスの有無 送料・出張料の有無
ピアノの買取屋さん あり なし なし
楽器高く売れるドットコム あり あり なし
楽器買取アローズ なし あり なし

電子ピアノを手軽かつ費用を抑えて売ることを重視する人におすすめのサービスををまとめました。そして、上記の中でもおすすめなのは、楽器高く売れるドットコムとなっています。

楽器高く売れるドットコムには、手軽に電子ピアノを売る観点から、以下のメリットが挙げられます。

楽器高く売れるドットコムを利用するメリット

  • 宅配買取・出張買取どちらにも対応しており、自身に適した方法を選択できる
  • 宅配買取では送料が無料、出張買取では出張料が無料なため、余計な費用がかかりにくい

上記のメリットがあることで、電子ピアノを手軽かつお得に処分しやすくなるでしょう。

大型の電子ピアノは持ち運びに手間がかかりやすいため、出張買取を利用することをおすすめします。


【相場】電子ピアノの買取価格表!買取の値段をメーカー別に紹介!

ヤマハ|YAMAHA

機種名 金額(税込)
YAMAHA S90ES 110,000円
YAMAHA Pシリーズ ブラック P-45B 41,000円
YAMAHA ARIUS YDP-S31 20,000円

出典:買取マクサス楽器買取アローズ

ヤマハの相場はおよそ20,000〜110,000円(税込)です。

ヤマハの電子ピアノは海外でも人気が高く、上位モデルであれば高額査定が期待できます。

電子ピアノ買取のおすすめ業者をもう一度見る

カワイ|KAWAI

機種名 金額(税込)
KAWAI CA9500GP 100,000円
KAWAI CN27A 60,000円
KAWAI PN2 7,000円

出典:買取マクサス

カワイの相場はおよそ7,000〜100,000円(税込)です。

カワイは世界中で人気のある国産メーカーであるため、買取相場も比較的高めであると言えます。

カシオ|CASIO

機種名 金額(税込)
CASIO Privia PX-760 WE 10,000円
CASIO プリヴィア PX-160GD 33,000円
CASIO PX-160 3,000円

出典:買取マクサス楽器買取アローズ

カシオの相場はおよそ3,000〜33,000円(税込)です。

もともとの定価が比較的安価であるため、ほかのメーカーと比べると買取金額は低めであることが多いと言えます。

電子ピアノ買取のおすすめ業者をもう一度見る

ローランド|ROLAND

機種名 金額(税込)
Roland HP506-PES 81,600円
Roland FP-30X 17,000円
Roland HP250-SB 5,000円

出典:楽器高く売れるドットコム買取マクサス

ローランドの相場はおよそ5,000〜81,600円(税込)です。

ローランドは電子ピアノをはじめとした電子楽器を得意としており、プロのピアニストも使用することがあります。

そのため、中古でも需要が比較的高く、買取金額は高くなりやすいです。

コルグ|KORG

機種名 金額(税込)
KORG LP-380-CP024 88鍵 54,700円
KORG G1 Air 48,000円
KORG LP-380 16,000円

出典:買取マクサス楽器買取アローズ

コルグの相場はおよそ16,000〜54,700円(税込)です。

コルグの電子ピアノは定価が比較的安価に設定されているため、買取金額もほかのメーカーより低くなりやすいと言えます。

電子ピアノ買取のおすすめ業者をもう一度見る

電子ピアノの買取例を紹介!中古でも高額買取になる?

アイテム名 買取価格(税込)
YAMAHA Clavinova CLP-675DW 50,000円
Roland FP-30 88鍵盤 26,000円
CASIO PX-S3000 Privia 88鍵盤 2019年製 13,500円

出典:楽器高く売れるドットコム

上記の通り、人気メーカーの電子ピアノは買取金額が高くなりやすいです。

思わぬ高価買取になる可能性もあるため、一度買取店に査定に出してみることをおすすめします。

処分を検討する前に、一度気軽に買取業者へ相談してみましょう。

電子ピアノ買取のおすすめ業者をもう一度見る

電子ピアノ買取業者・店舗の選び方!売る前の確認ポイント

ポイント1.電子ピアノの買取実績が豊富にあるか

電子ピアノの買取実績が豊富にあるか確認しましょう。電子ピアノの買取実績が多ければ、電子ピアノに関する知識が豊富である可能性が高いです。

電子ピアノの知識が豊富であれば、売りたい電子ピアノの価値を見落としてしまう可能性が低いため、安心感を持って依頼しやすいでしょう。

電子ピアノの買取実績は、買取業者の公式サイトで確認できるケースが多いです。

電子ピアノ買取のおすすめ業者をもう一度見る

ポイント2.電子ピアノに精通したプロの査定士が在籍しているか

電子ピアノに精通したプロの査定士が在籍しているか確認しましょう。

電子ピアノは数多くのメーカー・型番があるため、プロの査定士でないと価値を正確に把握できない恐れがあります。

その点、プロの査定士であれば、電子ピアノの価値に見合った適切な査定額を提示してもらいやすく、高価買取が期待できます。

少しでも高く電子ピアノを売りたい人は、プロの査定士が在籍している買取業者を選択しましょう。

ポイント3.出張料や搬出料が無料で利用できるか

出張料や査定料が無料か確認しておきましょう。

買取業者によっては、電子ピアノの買取時に出張料や搬出料、査定料などの手数料が必要になる場合があります。

手数料無料の買取業者を選択することで、お得に電子ピアノを処分しやすくなるでしょう。

注意点として、通常の搬出料は無料であっても特殊な搬出が必要な際は別途手数料が発生することが多いため、事前に確認しておくことをおすすめします。

電子ピアノ買取のおすすめ業者をもう一度見る

電子ピアノを売れる場所を比較|処分するのはもったいない

売却・処分場所 概要
買取専門店 ・電子ピアノに対応した買取を専門に行う業者
・電子ピアノに関する知識が豊富であることが多い
リサイクルショップ ・電子ピアノ以外にも幅広いアイテム買取・販売を行う業者
・店舗持ち込み買取で利用する場合が多い
下取りサービス ・新しい電子ピアノへ買い換える際に、古い電位ピアノを買取してもらえるサービス
・通常の買取金額より査定額をアップしてもらえる場合がある
地域のゴミ回収・引き取りサービス ・地域の自治体や民間企業に不要な電子ピアノを引き取ってもらうサービス
・引き取りに料金が発生する場合がある

できるだけお得に電子ピアノを整理、手放したい方は「買取専門店」を利用するのがおすすめです。

電子ピアノの買取専門店であれば、電子ピアノに詳しい査定士が在籍している可能性が高く、電子ピアノの価値に見合った高価買取が期待できます。

買取専門店によっては、買取金額アップのキャンペーンを実施している場合があり、条件を満たせば市場価格よりもお得に電子ピアノを売却できるケースもあるでしょう。

出張買取や宅配買取などの買取方法を選択できるケースが多く、自身の都合の良い方法を選択できる点も嬉しいポイントです。

電子ピアノ買取のおすすめ業者をもう一度見る

買取専門店

特徴 ・電子ピアノに対応した買取を専門に行う業者
・複数の買取方法を自由に選択できることが多い
メリット ・電子ピアノに詳しいプロの査定士が在籍していることが多い
・買取金額アップのキャンペーンを行っている場合がある
・業者によっては、買取にかかる手数料が無料
デメリット ・あまりにも状態が悪い電子ピアノだと買取を断られる場合がある
・近隣に店舗がないと店舗持ち込み買取が利用しにくい

買取専門店は「少しでも高い値段で電子ピアノを売りたい人」「なるべく手間をかけずに電子ピアノを売りたい人」におすすめです。

電子ピアノ買取のおすすめ業者をもう一度見る

リサイクルショップ

特徴 ・電子ピアノ以外にも幅広いアイテム買取・販売を行う業者
メリット ・取り扱っている商品が幅広いため、電子ピアノ以外の不用品をまとめて売却できることが多い
・店舗数が多い業者であれば、店舗持ち込み買取を利用しやすい
デメリット ・買取専門店と比べると、電子ピアノに関する知識が少ないことが多い
・買取方法が店舗持ち込み買取に限られることがある

リサイクルショップは「自宅の周辺にリサイクルショップの店舗がある人」におすすめです。

下取りサービス

特徴 ・新しい電子ピアノへ買い換える際に、古い電位ピアノを買取してもらえるサービス
メリット ・市場価格よりも高い値段で買取してもらえる場合がある
デメリット ・新しい電子ピアノを購入することが前提となる

下取りサービスは「現在電子ピアノを保有しており、新しい電子ピアノへの買い替えを検討している人」におすすめです。

電子ピアノ買取のおすすめ業者をもう一度見る

地域のゴミ回収・引き取りサービス

特徴 ・地域の自治体や民間企業に不要な電子ピアノを引き取ってもらうサービス
メリット ・どんなに状態が悪い電子ピアノであっても処分できる
デメリット ・電子ピアノを処分することになるため、現金化できない
・自治体や業者によっては料金が発生することがある
・自治体によっては処分の日程が決まっており、自身の都合の良いタイミングで利用できない場合がある

地域のゴミ回収・引き取りサービスは「極端に状態が悪い電子ピアノを処分したい人」におすすめです。

ただし、買取業者によっては状態の悪い電子ピアノの買取に対応している場合があるため、現金化したい場合は買取業者に一度相談してみることをおすすめします。

電子ピアノの買取専門店の売却方法を比較|宅配(郵送)・出張・店舗持ち込み

買取方法 概要 便利な点 不便な点 おすすめの人
宅配(郵送)買取 買取業者に売りたい電子ピアノを郵送し、買取してもらう方法 ・自身の都合の良いタイミングで利用できることが多い
・自身で電子ピアノを運搬する手間がかからない
・全国の幅広い地域で利用できる
・電子ピアノを梱包する手間がかかる
・買取業者によっては送料や梱包材の費用がかかることがある
・自宅の周辺に買取業者がない人
・小型の電子ピアノを売りたい人
出張買取 買取業者のスタッフに自宅まで来てもらい買取手続きを行う方法 ・電子ピアノを梱包したり、自身で持ち運んだりする手間がかからない
・自宅にいながら買取手続きを完了できる
・対応している地域に制限がある場合がある
・業者によっては出張料が発生する場合がある
・大型の電子ピアノを売りたい人
・自身の手間を最小限にして電子ピアノを売りたい人
店舗持ち込み買取 自身で電子ピアノを買取店舗に持ち込んで買取してもらう方法 ・持ち込んだその日に買取手続きを完了できることが多い
・その場で売却代金を受け取れることが多い
・自身で電子ピアノを持ち運ぶ手間がかかる
・買取業者との日程調整が必要
・自宅の周辺に電子ピアノ対応の買取店舗がある人
・なるべく早く電子ピアノを現金化したい人

上記の買取方法に対応している業者や店舗の場合は、買取方法で大きく買取金額は変わらないことが多いです。

そのため、あなた自身が利用しやすい買取方法を選択することをおすすめします。

電子ピアノ買取のおすすめ業者をもう一度見る

電子ピアノの買取専門店を利用する流れ・方法

電子ピアノの買取専門店を利用する流れをピアノの買取屋さんを例に紹介します。

具体的な利用方法・流れは以下の通りです。

ピアノの買取屋さんの出張買取を利用する手順

  1. 電話で買取の申し込みをする
  2. 買取業者のスタッフと訪問の日程を調整する
  3. 自宅で買取業者のスタッフに電子ピアノの査定をしてもらう
  4. 提示された査定額に問題がなければ、その場で買取の承諾をする
  5. 買取業者にピアノの搬出をしてもらう
  6. その場で売却代金を受け取る

買取の際は本人確認の書類が必要となるため、あらかじめ準備しておきましょう。

また、売りたい電子ピアノに付属品があれば、買取業者のスタッフが自宅に来る前に準備しておきましょう。

電子ピアノ買取のおすすめ業者をもう一度見る

電子ピアノを高く売るためのポイント

ポイント1.2〜3社で見積もりを依頼し査定額を比較する

電子ピアノを売る際は、2〜3社で見積もりを依頼し査定額を比較しましょう。

同じ電子ピアノであっても、買取業者によって提示してくる買取金額が異なります。

複数業者で見積もりを取ることで、少しでも高い査定額を提示してくれた業者で電子ピアノを売却することが可能です。

また、電子ピアノの大まかな買取相場を把握できるため、相場よりも安い金額で買い取られてしまうことを防ぎやすくなります。

買取業者によっては査定だけで費用が発生してしまう可能性があるため、査定書料が無料かを買取業者の公式サイトで事前に確認しておきましょう。

電子ピアノ買取のおすすめ業者をもう一度見る

ポイント2.売りたい電子ピアノの型番・製造年を確認しておく

売りたい電子ピアノの型番・製造年を確認しておきましょう。

電子ピアノの型番・製造年が分かれば、買取価格を公開している買取業者の公式サイトなどで、大まかな査定額を把握できる場合があります。

また、買取業者に問い合わせをする際に型番・製造年が必要になるケースが多いため、事前に調べておくことでスムーズに買取を進めやすくなるでしょう。

型番・製造年は電子ピアノ本体に貼ってあるシールや刻印で確認できることが多いです。

ポイント3.故障している箇所がないか調べておく

売りたい電子ピアノに故障している箇所がないか調べておきましょう。

あらかじめ故障を伝えていないと、事前査定の金額と本査定の金額で乖離が出てしまう場合があります。

また、故障の度合いによっては買取が不可となる可能性があるため、注意が必要です。

故障が判明した場合でも電子ピアノの保証期間であれば無料で修理してもらえるため、保証期間であれば購入した店舗に確認してみることをおすすめします。

電子ピアノ買取のおすすめ業者をもう一度見る

電子ピアノ買取に関するQ&A

古い電子ピアノや壊れた電子ピアノ(ジャンク品)でも買取してもらえる?

古い電子ピアノや壊れた電子ピアノでも買取してもらえる場合があります。

実際に「ピアノの買取屋さん」では、古い電子ピアノや壊れた電子ピアノでも状態によっては買取してもらうことが可能です。

ただし、電子ピアノの状態があまりにも悪い場合は買取が不可となるケースがあるため注意が必要です。

電子ピアノ買取のおすすめ業者をもう一度見る

電子ピアノの一括査定サービスとは?

電子ピアノの一括査定サービスとは、売りたい電子ピアノの型番や状態を入力することで、複数の買取業者から査定額を提示してもらえるサービスです。

相見積もりを取りたい場合に1社ずつ連絡する必要がない点は便利なポイントと言えます。

ただし、申し込んだ後に複数の業者から数多くの電話・メールが来る可能性があり、人によっては煩わしく感じてしまう恐れがあるでしょう。

また、自身が気になっている買取業者が一括査定のサービスに含まれていない可能性があるため、既に気なる業者がある場合は直接問い合わせることをおすすめします。

この記事を書いた人
この記事を書いた人
「買取バリュー」ライティング部門